ディオーネ

脱毛施術の方法による痛みの違い

MENU

脱毛施術の方法による痛みの違い

 

脱毛サロンで脱毛を始めようと考えている方もいると思いますが、脱毛を始めるときに気になるのが施術の痛みですよね。

 

脱毛サロンについて調べてみると、「ゴムを弾いたような痛みがある」という口コミをよく目にします。

 

 

しかし、痛みには個人差もあると言われているので、実際にどのくらい痛いのか知りたいですよね。

 

実は、それぞれの脱毛サロンで行われている脱毛方法によっても、痛みの感じ方が違うのです。

 

 

一番少ない痛みで脱毛できるのは、「フラッシュ脱毛」です。

 

このフラッシュ脱毛は、光脱毛とも言われている脱毛方法で、多くの脱毛サロンが採用しています。

 

毛根組織を破壊する特殊な光を照射して、ムダ毛を生えてこないようにする脱毛です。

 

照射の出力が低いので、お肌への負担や痛みが少ないことが特徴です。

 

 

反面、出力が低いので、効果が現れるまでに時間がかかってしまう、というデメリットもあります。

 

ただし、痛みができるだけ少ない脱毛を行いたいと思う方には、オススメの脱毛方法になります。

 

 

フラッシュ脱毛よりも痛みが強いのは、クリニックで行われる「レーザー脱毛」です。

 

レーザー脱毛のしくみはフラッシュ脱毛と同じですが、照射の出力がフラッシュ脱毛よりも強力であることが特徴です。

 

照射パワーが強い分効果が現れるのも早いのですが、痛みは強いと感じる方が多いようです。

 

 

なお、痛みを軽減するために、麻酔を使って施術をしてもらうことも可能です。

 

フラッシュ脱毛よりは痛いですが、早い効果を期待する方にはオススメです。

 

 

最後にご紹介するのは、「ニードル脱毛」です。

 

この脱毛は、脱毛の中でも痛みが強いといわれる脱毛方法です。

 

毛根に針を刺してその針に電気を流すことで、毛根の組織を破壊するという方法で脱毛を行います。

 

ですが、痛みが強いために、脱毛を断念する方もいるようです。

 

 

このように、施術方法によって痛みの強さはさまざまです。

 

なので、自分に合った脱毛方法を選んで、施術を受けるようにするといいでしょう。

 

このページの先頭へ